保護者さまからのお声

ホーム  »  保護者さまからのお声

保護者さまからのお声とは?

まず、当教室の特徴は、保護者さまとの距離が非常に近いことです。このことに大変驚かれる保護者さまは、少なくありません。教室にお迎えに来られた際にお話ししたり、LINEでやりとりをしたり。その内容は、学習に関するご報告はもちろん、学習以外の色々なこともお話ししています。そんな保護者さまからいただいたお声を、ご紹介いたします。もしかすると、「うちの娘と同じ!」とご共感いただけることもあるかもしれません。当教室の雰囲気や、講師が、生徒のみなさんや保護者さまとどのように関わっているかを感じていただければ幸いです。

※順次アップしていきます。どうぞお楽しみに!

「わからない」と言えるようになって嬉しい!(宇治市 小5)

入塾当初、「わからないことを、わからないと言えないから、誰も娘がわからないことに気づかないまま今に至ってしまいまして。」と、お悩みだったお母さま。
当教室には「3つのお約束」がございまして、その一つが「わからないことを、わかったふりをしてはいけない。わからないことをわかるようにすることが、先生の役目。だから、堂々とわからないということ。」です。ですが、長年の言えなかったのですから、そう簡単に言えるようになるものではありません。さらに、当教室には、自分が感じる理解度に応じて、記号をつけることとしていますので、その記号をしっかりつけることで、「わからない」を表現できますので、ご安心くださいね。とお伝えしていました。
その後、宿題には、たくさんの「わからない記号」があり、ひとつひとつ一緒に取り組みました。その後、授業中に「これ、どう?わかる?できそう?」のこちらからの問いに、少しずつ「うーん、わからない。」が言えるようになり、同時に「わかる!」が増えてきました。
お母さまから、「わからない、と言えるようになって、グッと笑顔が増えました。学校での授業やテストにも余裕が出てきましたし、わからないことがあっても先生に聞くから大丈夫!と言えるようになって、心身ともに成長を感じています。」と、ご報告をいただきました。わからないと言えることは、大きな大きな進歩であり成長です。これからも、しっかり寄り添って指導いたします。

初めて、自分から通う!と言って、ビックリしました!(宇治市 小6)

「6年生なんですが、今まで塾に通ったことがないんです。今までも本人に打診してきたのですが、絶対イヤだ!の一点張りで。教室の見学と体験学習を希望しますが、本人が拒否するかもしれません…」と、お問い合わせをいただいたお母さま。何も気にしないで結構ですので、気軽なお気持ちでお越しくださいね!と、お会いする日をお約束しました。
親子でお越しくださり、今までの学習や学校のことなど、雑談を交えながら色々なお話しをしました。体験学習の日時を決めましたが、「もし、キャンセルされても気になさらないでくださいね!」と、軽いお約束にさせていただきました。
体験学習当日、「娘がひとりで行ってくる、と家を出発しました!ビックリしています。」とお母さまからLINEをいただきました。その後、体験学習を2回受講いただき「もう一回来てみる?」と話してみたら、「先生!私、通うわ!今日、お母さんに話すわ!」と。私もビックリしましたが、お母さまから「先生!娘が、私、通うわ!って言ってきたんです。宿題もしてます。しかも、お母さん、宿題もやったで!って、ドヤ顔なんです!!」とビックリマークでいっぱいLINEをくださいました。はじめての塾に、当教室をお選びいただけたことも、自主的に頑張ろうと思ってくれた気持ちも、どちらも嬉しかったです。
その後、なぜ通おうと思ってくれたのかを尋ねたら、「だって、先生は、わからなくても怒らへんもん。それに、他の誰とも比べられないでいいのがいいから!」と教えてくれました。誰とも比較できようもない少人数の環境に安心してくれたことに、とても嬉しくなりました。
ページの先頭へ